2008年 09月 06日

シュケット

e0125635_730260.jpg


e0125635_7303967.jpg


小さなシューのお菓子、シュケットを焼きました。

シュークリームの中に詰めてあるクリームが入っていません。シュー皮にあられ糖をかけてあるカワイイお菓子です。

フランスではポピュラーなお菓子だとか。
あられ糖ではなくグラニュー糖がかかっているのもあるらしい。
パン屋さんで売られているという話をどこかで聞いたことがあるような。

e0125635_734162.jpg



以前、渋谷の店で食べたことがあるけれど、日本ではあまりみかけないお菓子ですね。
おそらく、湿度が高いこの国ではすぐにねっとりしてしまい、販売する方としてはロスが多いので
あまり出回っていないのではないかと思われます。(私の予想^^;)


…となれば、家で作るのが一番ですね♪


あられ糖の甘みがまたいいんだな~~~*
子供の(私の?)おやつに、いけます。パクパクと。軽すぎていき過ぎます!


e0125635_7415592.jpg



いつも応援のクリックをありがとうございます♪感謝です。
ファイブスタイル ブログランキング










購読している新聞社からもらう小冊子の文面が
今の季節にぴったりだな~と思ったので、載せてみます。


~前文略~


のんびりしている時には、もう真人間には戻れないんじゃないかというような気分になる。でも、人間の「モード」は、あっという間に変わる。うとうと眠っている時に、冷たい水をかけられると急にしゃきっとするように。
毎年、9月の訪れとともにはっと気付いて、それから真面目モードになる。そんなことを繰り返しているうちに、9月がとても好きになった。
秋は収穫の季節である。夏の間にたくさん陽光を浴びて成長した植物がやがて実をつける。ぷっくりとふくらんで、甘みを増す。
植物たちと同じように、子供は夏の日をたっぷりと浴びて成長する。そして、秋になるとぎゅっと引き締まって、何かをつかむ。
あのころ、新学期を迎えて心の中に忍び込んでくる緊張感の底には、ほんのりとかすかな甘みがあるような気がした。
弛緩の後の緊張。大人になった後でも、本当に成長するためには必要なリズム。
秋の空の柿の木も暑い夏を過ごしたのだなと思う。それから、子供のころのキラキラした時間を思い出す。

茂木 健一郎

[PR]

by yoshiko0926k | 2008-09-06 07:45 | お菓子


<< 秋を感じるお菓子。いちじくのタルト。      白玉あずき♪ >>