2008年 09月 30日

いちじくのジャム**

e0125635_9362441.jpg

e0125635_8473593.jpg


もう終わりかなぁと思っていたいちじくを見つけたので、これはジャムにしなくては!と、
買ってきました。
parismidoriさんのように、ご近所のお庭の木から譲って頂き、採りたての新鮮ないちじくを!というような素敵な世界にはいませんので、八百屋さんから購入です。。

e0125635_85228.jpg鍋に皮をむいてカットしたいちじくをいれ、少量の水、砂糖、レモンの薄切りを入れて、火にかけます。
いちじく独特のいい香りが部屋にひろがり、心地よい気分になります。
このいちじくの香りって、ただ甘いだけではなく、何だか、木の香りもするような気がします。
(私だけかもしれませんが^^;)
そして、プチプチしたところが、いい!
私は生より、火を通した方が好きかな~
いずれにせよ、「今」しか味わえないフルーツですね。


e0125635_8591278.jpg


まずは、イングリッシュマフィンにクリームチーズと一緒にいただきます!チーズの塩気といちじくの甘いジャム。おいしい。

e0125635_904716.jpg


そして、お次は、定番。ヨーグルトにいれて。はちみつもプラスして***これも、間違いなくおいしい。

まだ、冷蔵庫にあるいちじくジャム。もう少しの期間、楽しめそうです!




e0125635_9312688.jpg先日の日曜日。娘のバレエの発表会がありました。4月に行われた発表会とは別の学校のものです。
大きなバレエ団に付属する学校で、裏方のお手伝いはバレエ団の方々がやってくださるということで、今回は客席からゆっくりとバレエを堪能できました。
200人ほどの生徒たちが、踊る姿は、真剣で、それでいて楽しそうで。きれいにラインを揃え、指先や脚の先まで神経を集中させて、本当に美しく、迫力がありました。
小学生から大人まで。。特に、大人のバレエはプロのよう。このような華やかな舞台に立つまでに、基本の柔軟からバーレッスン、文字通り、雨の中、風の中、日々の稽古を積み重ねてきたものです。
いくら器用な人でも2、3日、練習しただけでは、決して、決して、踊れない。小さなころからの積み重ねがあってこそ。
バレエに限らず、何事も、つまらないと思えるような基本を黙々と続け、それが積み重なって真の実力になり、その後に本当の楽しさが待っているんでしょうね~
私もがんばらなくっちゃ。


e0125635_929022.gif



いつも応援のクリックをありがとうございます♪
ファイブスタイル ブログランキング

[PR]

by yoshiko0926k | 2008-09-30 09:30 | フルーツ


<< ありがとう、うれしいプレゼント!      贈り物のお菓子。心を込めて。 >>